DHとは

「デイホスピタル」の略で、厚生労働省の大規模デイケアに認可されている施設です
集団活動を通して就労や就学などリカバリーするための準備をしています
心の病によって生活に不自由を感じている方で、下記のような方が常時30〜50人利用しています

  • 家にいてもつまらない人、家にいるのが辛い人
  • 仕事や学校に行きたいが、自信の持てない人
  • 社会に出たいが人付き合いがうまくできずに困っている人

多職種スタッフ(看護師、作業療法士、公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士)のうち1名が
担当スタッフとしてリハビリのお手伝いをします。

ごあいさつ
森田よりメッセージ

こころの不調はどなたでも経験しうるものです。その体験や辛さは、生活を支配してしまったり、自分らしくいること・人と接することに対して自信をなくすきっかけになることがあります。そのため、こころの不調から回復(リカバリー)をしていく上で、自分らしい生活を社会の中で送れるようになることも大切です。リカバリーの過程は、成長の"旅"とよく表されます。決まった道筋や必ずたどり着かないといけない目的地があるわけではなく、旅の途中で楽しいこともあれば困難なこともあります。

リハビリテーション部 精神科デイホスピタル 助教 森田 健太郎

東大デイホスピタルは、スタッフや家族、何より同じようにこころの不調を経験した仲間たちと、一緒に成長できる場所です。デイホスピタルの中で困難な出来事が生じても、それにうまく対処・適応できるようにみんなで支え合い、成長し、やがて自分も仲間をサポートするようになります。デイホスピタルで得た経験や仲間は、デイホスピタルを卒業した後もあなたの支えになります。

東大デイホスピタルで一緒にリカバリーの旅を楽しんでくれる方をお待ちしております。

リハビリテーション部
精神科デイホスピタル
助教 森田 健太郎

スタッフ紹介

森田 健太郎 精神科医師
清水 希実子 公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士
矢島 明佳 公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士・社会福祉士
石橋 綾 作業療法士・精神保健福祉士
足立 光音 作業療法士
矢野 健一 作業療法士
株元 麻美 作業療法士・精神保健福祉士
柴田 貴美子 作業療法士
飯田 美恵 看護師・精神保健福祉士
安藤 百合子 看護師
松村 祐佳 研修生
珍田 悠輔 研修生
中村ひとみ 公認心理師・臨床心理士
ピアスタッフ 1名
事務スタッフ 1名

利用希望の皆様へ

利用までの流れは以下のとおりです。

  1. 見学申し込み・
    体験参加
    (2回程度)
  2. 主治医と相談
    (必要な方は
    転院手続き)
  3. 東大病院の
    主治医より
    正式申込
  4. 担当スタッフを
    決めて
    利用するための
    準備開始

ご興味のある方は、下記連絡先までお気軽にお電話ください。
その際、「利用のための見学希望」とお伝えいただけるとスムーズです。

Tel:03-3815-5411(内線 33620/38903)利用見学担当者宛

一日の過ごし方

日常プログラム

誰でも参加しやすいプログラム

  • 軽作業イメージ

    軽作業

    浅草の江戸かんざしの
    パーツ作りをしています。

  • スポーツイメージ

    スポーツ

    卓球やテニスなど室内外の
    スポーツを、メンバーの
    意見を聞いて決めます。

  • 料理イメージ

    料理

    皆で食べる昼食を作る班と
    次週の献立を考える班に
    分かれて活動します。

  • 茶話会イメージ

    茶話会

    週ごとに異なるテーマを
    決めて、一人ずつ
    発言していきます。

  • みんなの時間イメージ

    みんなの時間

    メンバーが企画・運営し、
    ゲームやミニイベントを
    行います。

  • SST / 心理教育イメージ

    SST / 心理教育

    より生活しやすくするために
    コミュニケーションの
    練習をしたり、
    症状の管理の仕方などを
    学ぶプログラムです。

  • ゲームイメージ

    ゲーム

    トランプやTVゲーム、
    卓球など、好きなゲームを
    楽しめる時間です。

週間スケジュール

週間スケジュール

臨時プログラム

臨時プログラム

委員会活動

DHのプログラムの運営に関わるグループ活動です。
役割の内容によって忙しさも違い、あえて活用しない人もいます。
2〜3ヶ月ごとに組み替えるので、個人のリハビリの目標に合わせてステップアップできます。

委員会活動

多職種スタッフ(看護師、作業療法士、公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士)のうち1名が
担当スタッフとしてリハビリのお手伝いをします。